So-net無料ブログ作成
検索選択

夏バテ(?)と階段落下

誕生日後から週イチくらいで毛玉を吐いて食欲も落ちていたところ、初めて下痢をしました。
少し様子を見ていたのですが翌日毛玉のない嘔吐が続いたのと、オッパイ周辺がただれていたのをたまたま見つけ獣医さんへ。

ただれは毛足が長いため暑さでムレて舐め続けた結果、毛玉を頻繁に吐いたのではないかと。
特にオッパイ周辺の毛が削がれていました。
嘔吐、食欲不振、下痢となると異物誤飲を真っ先に疑うそうですが、ベルはものを口に入れることが少ないので考えにくい。
でも、そういう飼い主の思いとは裏腹に誤飲は多いそうです。

皮膚炎の抗生剤と嘔吐したときの制酸剤を処方していただき、様子を見ることに。

IMG_2056.JPG

少し嘔吐が続いたので制酸剤を飲ませたところ、すんなり治まりました。続くと食道炎が心配です。
食欲不振は続いていましたが、さすがに4日ウンチをしなかったので心配になって再び獣医さんへ。
まずレントゲンを撮ったところ大腸にいい感じのウンチが溜まっていて、すぐにも出そう。
周辺臓器にガスも見られないことから異物はなさそうなのでひと安心。
早速翌朝モリモリと大量のウンチ。
が、それまでおりこうさんに飲んでいた抗生剤がとても苦いものらしく、飲ませようとしても吐き出し、口から泡状のヨダレが止まらない。空のカプセルを買ってきてどうにか飲ませ、なんとか皮膚炎も治ってきました。

明日土曜は経過観察で診察予定の本日金曜朝、階段辺りで「バタバタッ」という大きな音が。
さては落っこちたなと思い駆け寄って見ると階段途中でうずくまって「シャァァァ!」とうなり、その後ビッコを引きながら逃げ回る。
相当痛いんだな、折れてないだろうな、明日の診察はともかく連れて行かなきゃと思い、今日も有休かと思案していると悲しそうにうずくまったまま。
今から用意してももう会社は間に合わないなと覚悟した直後、普通に歩く猫が目の前を横切りました。さらに猫タワーに駆け上がって見下ろしてます。

IMG_2002.JPG

お前、もしかして会社に行かせまいと三味線弾いてたのか?猫のくせに。
でも痛そうにしていた左足を触るとイヤがるので連れて行き、骨折など問題ないことが分かってよかったです。
まぁ、タワーに登れるんだから平気なハズですが...。
皮膚炎もほぼ治っていたので、恐らく体調が良くなって調子コイて階段から落下して、軽く打撲したのでしょう。
食欲も戻ってきたので安心しました。
心配しきりの残暑の1週間でした。

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 2

コメント 2

うらくろ

なんと…そんなことがあったんですね。
ベルちゃんの記事を読んで想像すると、まるで先生のことのようで、
胸がいっぱいになってしまうんですよ。
骨折とかしないで、食欲も戻って本当によかった!
by うらくろ (2012-09-10 17:39) 

belle

もの言えない家族が体調悪いのはツラいですね。
明日まで様子を見て...で処置が遅れたらどうしよう、とか考えてしまいます。
皮膚炎、嘔吐が治りかけでの足の怪我だったので、不憫で涙がこぼれました。

落下も幸い大事に至らず、嘔吐もなくなり食欲も戻り始めております。
獣医さんからの帰宅後に優しくされたのが良かったらしく、とても甘えんぼさんになってしまっています。

by belle (2012-09-10 22:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0